R0000882.JPGR0000896.JPGR0000895.JPGR0000884.JPGR0000874.JPGR0000876.JPGR0000894.JPGR0000863.JPGR0000891.JPGR0000887.JPGR0000893.JPG

ランドローバーディフェンダーを語る上で、

ベースとなるのは、MT、ディーゼルであるのは、絶対条件ですが、

こちらの50周年限定車は、ディフェンダーの歴史上、

極めて稀な、オートマチックトランスミッションを

純正で、ランドローバー社が標準装備で

発売したことも、極めて稀な1台です。

本日は、そんな、ディフェンダーの歴史上、

とても価値ある、50周年限定車を紹介致します。

ランドローバーシャパンが

1997年の初期型は、左ハンドルを450台で販売し、

1998年は、好評につき、右ハンドルを

500台限定で販売した記録が御座います。

その裏には、当時、ランドローバー社が

北米市場向けに、左ハンドルの50周年限定車の

販売を予定していたが、エアバッグの規制が

USAで動きだし、急遽販売中止となり、

日本に450台、流れてきたという逸話も御座いました。

こちらは、1998年、ローバージャパンで販売当時の

1948~1998年、グリーンとイエローの

50周年ステッカーもウィンドウに貼られており、

車体右リヤ、ATコンソールには、500台中、293号車という

イギリス、ソリハルのファクトリーから、限定生産された

これ以上でも、以下でも無い、間違いのない、限定車の証のプレートも、

当時の状態で付属しています。

探しても、年々、海外需要が高まり、日本国外へ

流れており、10万キロを下回る、50周年限定車は、入手が困難になっています。

是非、この車に乗り、シートベルトを締めて、

4X4伝説の名車、ランドローバーディフェンダーを語れる人間になってください。

お問い合せは、お早めに、宜しくお願い致します!